産毛脱毛に効果があるのは?※どの医療レーザーが良いか分からない方へ

鼻毛(鼻の中の毛)の処理と脱毛方法のおすすめは?

小鼻やいちご鼻の脱毛についての処理方法は⇒小鼻脱毛処理方法について

 

私は、高校を卒業後に簿記の資格を生かした仕事に就きました。
それは、大手の食品メーカーでの経理の仕事でした。
そこは、本社でしたので女性はみな綺麗にお化粧をしていました。
私も、毎日お化粧は欠かしたことがなかったです。
それは、そこの仕事をやめてもそうでした。
私は、休日でもちょっとした散歩のときでもお化粧をしていく人でした。
お化粧は、自分のモチベーションを高めてくれる道具だと思っていました。
パートの仕事についても、朝お化粧することで、気持ちが引き締まる感じがしました。
そんなとき、公園で知り合った友人がいました。
彼女は、可愛い犬を連れていて、その犬可愛いですねっていう言葉から、
私たちは仲良くなりました。ランチに行ったり、お茶を飲むような交流を
深めることになりました。でも、公園で半年ほど彼女の姿を見ることがなくなりました。
彼女は、旦那さんとのトラブルで親友のところを転々としていたらしいです。
久しぶりに、メールがあり会うことになりました。
でも、久しぶりに見た彼女は話した時に鼻毛が凄くて、私はちょっとドン引きしてしまいました。
彼女は、自分の顔も鏡でみるほど心に余裕がないとその時に言ってました。

 

 

私は男性ですが、たびたび鼻毛が出ていることがあります。それも自分で気づくよりも、妻に指摘されて気づくことが多いです。現在の妻とは結婚して8年が経ちます。いまではお互い気軽に何でも言える中ですが、付き合っている当初は思っていることが言えないこともあります。
付き合っている時は待ち合わせに遅れないように、朝は忙しいことがあります。一応身だしなみには気を使っているのですが、鼻毛のチェックを忘れることがあります。
今の妻とデートをしている時、食事中に私がお手洗いに行って鏡を見ると鼻毛がでていました。彼女に気づかれていたのかわからず、そのことを聞くのも勇気がいります。気づいていないことを祈り、その場はなんとか出ていた鼻毛を処理することにしました。
処理をするといってもハサミや毛ぬきがあったわけではなく、引っ張っても抜けなかったので、奥に押し込んでなんとか応急的に対処しました。
現在では昔ほど身だしなみに気を使わなくなって、鼻毛を指摘されるような関係となってしまっています。

 

 

 

友達と遊ぶ時にいつも通りに出かけて友達と遊びに行ったのですが
途中トイレに行った時にふと鏡を見ると鼻から毛が少しだけでていました。
少しといっても通常鼻から毛はでていないのでそれなりに目立ってしまいます。

 

出掛ける支度をしている時はでていなかったのでちょっと
今まで気づかなかったのはしょうがないといえとても恥ずかしかったです。
友達は何も言わなかったのでそれほど気にしていないか
気づかなかったと思うのですが周りの人は気づいていたかもしれないです。

 

しかし、ここからがまた大変です。

 

鼻毛をなおそうとしていてもなかなかきれいに鼻の中に収まってくれないのです。
抜くのは痛いし、血がでたら困るのでなんとか手で
無理やり毛を押し入れる感じで何度もやりました。
なんとか元にはもどったのですがいつ出てくるか分からないので
それを気にしながら遊ぶはめになったのです。
遊ぶのは楽しいはずなのに鼻毛ばかり気になっていまいち遊んだ気になれませんでした。

 

 

私は最近、非常に鼻毛の成長が良いようで、よく出てしまっている時があります。
昔は鼻毛が出てしまっているオッサンなんかを見かけると、
絶対にあんなオヤジにはならないと誓っていたのですが、
そんな自分が、ちょこちょこ鼻毛処理を怠って、いつの間にか気づかないうちに
鼻毛が出てしまっている時があります。
昔は鼻毛処理なんて必要が無かったですし、現に鼻毛なんて伸びなかったと思うのですが、
最近は切っても切っても伸びてきます。
やはり初対面の方に会う際や、仕事での打ち合わせの際に、鼻毛が出ていたと後から気づいた時には、
しばらく立ち直れないくらい凹んでしまいます。
もっとも凹んでしまうのは、やはり女性とお会いする際に鼻毛が出ていることです。
女性と言うのは、スピーカーのようになんでもあったことを周囲に伝達してしまいます。
拡散してしまうと言ったほうが正しいかもしれません。
先日、仕事先の女性と会って鼻毛が出ていたのですが、
翌日以降、彼女の周囲の人間に私は鼻毛って呼ばれていたようです。
とにかく鼻毛はやばいです。

 

 

 

鼻毛の処理。抜き忘れで嫌な思いを
私が思い出すともう顔が恥ずかしくて隠したいほど毛が出ててマズイと思った経験は、鼻毛がぴょろっと顔を出していたときです。

 

あれは、もう10年前のお話なのですが
当時は中学生ぐらいだったともいます。
社会の時間なのか、国語なのかちょっと良く覚えていないのですが自分が考えて纏めたレポートをクラスで発表する期会がございました。

 

その時間において、当然今かと少々ドキドキしていたわけです。
レポートを読み上げるときに間違って噛んでしまったらどうしようか、など色んな意味で失敗したくない瞬間だったのです。

 

そして、自分の出番になってレポートを発表する番になりました。

 

何かと始まる前のあの緊張感の中無事行うことができたので、一段落。なんとかその授業中はやり過ごせたと思っていたんでしょうね。

 

しかし、休み時間お手洗いに行ったとき異変に気がついたのです。

 

それはぴょろっと鼻毛が数ミリ単位ですがお顔を出していたこと。

 

多分、気がついた人はいたんじゃないかと思うのですが、優しさからか注意を逸らしていただいていたのかもしれません。

 

終わってからの後の祭りですが。
思春期まっただ中だったので、鼻毛一本だけで笑われていないかととても心配しました。
その授業が終わって一週間は、クラスの中にいて話題の種にされやしないかとヒヤヒヤ。これが毛にまつわるヒヤッとした経験段です

 

デート中に発覚したまさかの鼻毛
ずっとアプローチしていた女性と、いよいよデートすることになった時の話です。
前日からすごく緊張し、翌日着ていく洋服のコーディネートを夜遅くまであれこれ悩んだり、
デートの流れを何度も脳内で予習しまくったり、とにかく万全を期して当日の朝を迎えたわけです。
髪もバッチリ決まり、気分的には早くも恋の勝利宣言を周囲に発表したいような勢いでした。

 

デートそのものも問題なく進行していき、僕はもとより、
彼女の方もかなり楽しそうな雰囲気でずっと笑顔でいてくれました。
日が暮れ始めて、夕景がロマンチックになってきた瞬間を利用して、ここぞとばかりに
改めて僕は、彼女に正式な形での交際を申し込んでみました。

 

「ずっと前から大好きでした。お付き合いしてくださいっ」

 

テンションが上がる中、少しあたふたしながらそんなようなことを口走った記憶があります。
すると彼女は落ち着いた様子で、OKの返事を僕にくれたんです。
彼女も僕のことが前から意識していたとか。つまり、両想いだったわけです。

 

ものすごく嬉しくて、愛おしくて、
今思えばすごく強引だったかも知れないのですが、僕は彼女にキスしようとしました。
すると彼女がクスクスと笑い出すんです。あれ?と思って硬直していると、彼女が笑いながらこう指摘しました。

 

「は・な・げ」

 

なんと、僕の鼻から鼻毛がはみ出していたんです。しかも両方の鼻の穴から。
しまったー!と頭を抱えました。ヒゲはバッチリ剃って来たんですが、鼻毛の処理をすっかり忘れてしまっていたんです。
ものすごく恥ずかしかったのですが、彼女は笑ってその件を流してくれました。
そんなおっちょこちょいなところがスキとも言ってくれたんです。
以来、今でも僕たちは仲良く交際を続けています。

 

 

 

太い鼻毛の処理を何とかしたい
私は鼻毛が出ている状態という事が許せません。それが他人であろうが自分であろうがいやです。正直は投げが出ている状態というものはみっともないです。人と話をしている時に、その人の飛び出た鼻毛を見つけたら、そうだ、ちょっと来てと人気のいないところに連れて行って、鼻毛が出ているからトイレで抜いてきなさいとはっきり言います。毛抜きがないなら貸してやるとマイ毛抜きを貸します。

 

他人に対してこのような態度を取りますので、自分の鼻毛にも細心の注意を払っています。鼻毛の伸びる速度は結構な早さで、抜いても一週間ぐらいで生えてきます。よって週に一回は鏡の前で悪戦苦闘しています。

 

ここで気をつけて頂きたいのは、鼻毛の処理は明るいところで、いろいろな角度から鼻を鏡で確認して欲しいと言うことです。先日鼻毛を抜いた次の日に会社のトイレでふと鏡を覗くと一本鼻毛が出ていました。これは正面から見ると見えないのですが、顔の角度を変えて横から見ると飛び出ているのがはっきりと分かります。朝からその時まで2,3人と会話をしていますが、誰にも指摘されていないので気づかれたいないことを信じたいですが、しまったと思った瞬間でした。

 

 

鼻毛の成長が早くて友人にも相談できない
私には誰にも言えない毛の悩みがあります。
それは鼻毛が異常に濃く、太く、長いことです。
私と同じ悩みを持つ女性には今まで会ったことがありません。
友人の悩みと言えば、毛が濃いや、毛穴が開いているなどです。そんな悩みであれば、私も友人に相談できますが、私の悩みは特殊なため笑われてしまうのではないかと、誰にも告白したことが無く、一人でずっと悩んでいます。
私の鼻毛は成長も早く、1週間放置すると、鼻の下から出てきます。
そのため毎晩お風呂の後、鼻毛用のはさみで処理しています。

 

仲のいい友達に誘われ、1週間の旅行に行くことになった時、事件は起こりました。私は鼻毛のことは気になりましたが、一人で処理する時間はあるだろうと思っていました。しかしなかなか一人になる時間がなく、私も旅行に夢中だったため、処理できずにいました。それでもなんとか時間をみつけ、鼻毛を素早く処理しました。しかしその日の夜友人に鼻毛出てるよと小さな声で言われ、見てみると一本だけ長い鼻毛が鼻の穴から出てました。処理できてなかったようです。恥ずかしくて死んでしまいそうでした。

 

 

 

鼻毛の処理で恥ずかしい思い出
私は男性ですが、髭などの毛の処理を怠りません。しかしながらつい先日、鼻毛の処理で非常に恥ずかしい経験をしました。端的に述べますと一本だけ非常に長い鼻毛が出ていたのです。その日、友人から合コンの誘いを受けたためいつも行っている以上に細心の注意を払い、行っていました。しかしながら鼻毛は数日前に行っていたので特に気を止めずにそのままで出かけてしまいました。合コン中は気づくことがありませんでしたが、終わった後に友人から鼻毛の話を聞き、初めて気づきました。そこまで鼻毛が伸びることは無いとその時は思っていましたが、よくチェックをしてみると多くの毛が鼻から出そうな状況でした。特に私はいつも都内に出勤しているため排気ガスなどをよく吸っているため、もしかしたらそのせいもあってか伸びるのが早いと思いました。この経験から、鼻毛も頻繁にチェックしておいた方が良いと気づかされました。皆様はどのように行っているかは把握してませんが、週2回は行ってよいと思います。

 

 

男性から見た女性の鼻毛。それはそれで可愛かった。
少し前まで付き合っていた2つ年上の彼女と二人で買い物(デート)にいった際の事です。
待ち合わせやってきた彼女は割りと気合を入れた格好でおしゃれしていました。
「おっ今日は気合はいてるなぁー」と思った矢先に衝撃が走りました。

 

なんと!毛が鼻毛が3本もしっかりと見えているではないですか。これはやばいです。
思わず苦笑です。ただ傷つけてはいけないと思い少しそのままにしておこうと決めました。
デート時間も3時間ぐらい過ぎた頃、たまたま顔を凝視すると1本減って2本しっかりとまだ
残っているのです。流石にプスッと噴出してしまいました。
彼女は多少怒り気味に「何を笑ったの?私の顔?」といいだし少しすねます。
「いや違うよ!」とごまかしますが何かを察したようですぐに化粧室に向かいました。
出てくると照れた顔をしながら「もぉー言ってよ」と言われましたがそれはそれでかわいいなと思いました。
その日はその後ずっと鏡のショーウインドなどを見るたびに気にしているそぶりがすごく可愛く見えました。
女性はかなり気になるのですね。今度からは気づいたら差し支えない程度で教えようと心得ました。

 

 

鼻毛の伸びが早くて困っている
お恥ずかしい話ですが、私の鼻毛は異常なまでに早く伸びてしまいます。ですから、週2回は必ずカットが必要になります。もし、一週間カットをしなかったとすると、もう鼻から毛が飛び出してきて、とってもじゃありませんが人にあって話すこともできません。

 

何でこんなに早く生えてしまうのかわかりませんが、コトがコトだけに誰にも相談することができずに、ちょっと悩んでいます。女房には冗談っぽく、「鼻毛がすぐに伸びてしまって嫌になってしまうよ」などと言ってますが、本人はちょっと真剣です。

 

テレビで芸能人の鼻を良く観察しますが、彼らはいつも奇麗にしてますね。特におじさんの俳優さんはちゃんと鼻毛のカットをしていますね。カットというよりも鼻毛がないような感じです。

 

鼻毛は本来、鼻の中に異物が入らないようにプロテクトをする役目をもっているそうですが、あまり生えすぎていても邪魔でしょうがありません。永久脱応とは言いませんが、何か鼻毛を頻繁に切らなくても良い方法があれば、試してみたいと思っています。

 

 

 

 

女性の鼻毛処理で百年の恋も冷めた思い出
いかに女の人といえど、鼻毛はあまり、いいものではありません。私は学生の頃に好きな女性がいました。「仲良くなりたいなぁ」と思い、不自然にならないように、たびたび声をかけるようになりました。少しづつですが、仲良くなっていきました。彼女は性格も良く、ますます好きになりました。

 

 そんなある日、その女性の鼻の穴から毛がはみ出ていたのです。しかも一本だけ、やたら長いのです。よく見ると風にゆれて、まるで「チロチロ」と言っているようです。まさか、注意することもできず、どうにもならずに気づかないふりをしました。

 

 もちろん、その日以来、その女性への恋心はなくなりました。覚めました。むしろ、どちらかと言えば嫌いになったぐらいです。女性はよく、わき毛などの処理には気をつかうと思います。鼻毛に関しては、どうなのか、わかりません。油断することもあるかもしれませんが、最も重要なところだと思いますので、きちんとしてほしいものです。

 

それにしても、鼻毛一本で好き嫌いが、かわってしまうのは不思議です。