産毛脱毛に効果があるのは?※どの医療レーザーが良いか分からない方へ

医療レーザー脱毛と毛周期の関係とは?

 

医療レーザー脱毛は基本的に医師による施術が必要な美容整形医療に分類される、れっきとした医療行為です。なぜかというとそれはレーザー脱毛の原理が、黒・茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚にあて、真皮下の毛根とその周辺組織にダメージを与え、毛が生えてくる土台を破壊することによって脱毛を叶えるからです。さらに永久脱毛を叶えるのは5つの毛のライフサイクル(毛周期)のうち、休止期、退行期、成長後期、成長期、成長前期の中の成長期にレーザー脱毛することによってだけです。理由はこの時期に毛根の動きが最も活発になるからで、毛根に対して大きくダメージを与えられるのが理由です。医療レーザー脱毛の効果を感じられるようになるには最低5回はレーザー照射を行う必要があるようです。なぜかというと皮膚の表面に出ている毛は20%前後で、そのほかの毛は休止期にあったりとすべての毛にレーザーがアプローチできるわけではないためです。
概ね3回の照射で50%、5回の照射で70%、10回の照射で90%程度を脱毛できるといわれています。

 

 

 現在、多くのクリニックでは医療レーザー脱毛の施術をしているところが目立つようになり、特に女性からの強い支持を得るようになってきつつあります。この背景には、安全でかつ確実な脱毛の治療が出来るというメリットの存在が大きいのではないかと思います。
 医療レーザー治療はレーザ照射により毛根などの組織を破壊することによって脱毛へと導く仕組みの下で行われています。そのため、他の脱毛の施術に比べると非常に痛みが少なく、施術が完了してからの身体的なダメージがとても少ないことが大きなポイントになっています。また、照射にかかる時間も短く、長時間の拘束がないことも脱毛を希望する人にとっては嬉しい事なのではないかと思います。
 このように様々な良い点が存在するレーザー照射には、多くの脱毛希望者からの治療の要望が出されるようになってきています。そのため、今後はこのレーザー照射による脱毛を行うクリニックが増加していくのではないかと考えられています。